読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく学ぶを応援したい「CAIメディア」のスタッフブログ

「効果的な学習で覚える楽しさを伝えたい」を理念に掲げるCAIメディア社員による、真面目?不真面目ブログ

戸川純の話し方 『ボーカル・フライ』 が、アメリカの女子大生の間で大流行中!?

M田

f:id:caimedia-staff:20150828110459p:plain


歌手、女優、アーティストなど、マルチなタレントとしてご活躍されていた戸川純さん。ご存じの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

私の場合は、小学校高学年か中学生になったばかりの頃だったと思うのですが、
テレビで見かけた戸川さんのファッションやしゃべり方、
その独特の雰囲気に大きな衝撃を受けた記憶があります。
(その当時から彼女はウィッグやグレーのカラコンを取り入れていました!)

残念ながら、最近はメディアへの露出がほとんどないため、
そのユニークなキャラクターを目にすることは
ほとんどありませんが。。。
(非常に残念です。。。)

そんな彼女の話し方が、2011年頃からアメリカの若い女性(特に大学生)の間で
じわじわと広がり始め、2013年頃には「流行病(epidemic/pandemic)」だとか「現象(phenomenon)」と呼ばれるまでに爆発的に浸透したらしいのです!

 

戸川純さんのような話し方は、英語で"Vocal Fry(ボーカル・フライ)"と呼ばれています。というと誤解を生んでしまうので、ここではっきりさせておくと、アメリカでのこの話し方の起源は、もちろん戸川純さんではありません。悪しからず。

ただ、YouTubeで"Vocal Fry"というキーワードが入った動画を見ていたら、
「これって戸川純の話し方じゃん!」と発見してしまいました。

ひとつ違うのは、
今や「ボーカル・フライ」と呼ばれる、このしゃがれたような、ひとつ間違えば「酒焼け」したかのような独特の声の出し方を、戸川さんの場合は、はじめからおわりまで続けるのが特徴です。
(彼女は独特のトークの間も有名でしたが)

一方で、アメリカ人女性(主に大学生)の場合は、語尾にのみこのボーカル・フライ(エッジ・ボイスとも呼ばれる)を効かすのが〝かっこいい”らしいです。
(知的に見せる効果もあるとかないとか)

アメリカ人セレブで「ボーカル・フライ」を使って話すことで有名なのは、

- Katy Perryケイティ・ペリー
- Lady Gagaレディ・ガガ
- Ke$ha(ケイシャ)
- Kim Kardashian(キム・カーダシアン)

うーん、なんとも錚々たる面々!

ちなみにこのボーカル・フライの〝フライ”がなにを意味するのかというのには諸説あるらしいのですが、(アメリカ人も定かでないよう)一番よく聞かれるのが、この話し方が「フライパンでジュージュー焼いている音」に似ているから、というもの。
「声がジュージュー焼かれちゃった」感じ?

あ、「戸川純さんは単にハスキーボイスなだけでは?」
と突っ込んでいただいた方!
するどいです!w

日本でもギャル語とか流行りましたが、
アメリカにもあるんですね、こういうハヤリ。

最後に、YouTubeで「ボーカル・フライ」を一番わかりやすく
説明していた動画へのリンクを貼って
今回は終わりにしたいと思います。

では~^^

www.youtube.com




 

にほんブログ村へ



[関連用語]
・creaky voice: きしみ声
・hot new linguistic fad among women: 女性の間で流行っている最新の話し方
・uptalk: 平叙文の文末をはね上げた疑問口調のこと
・valleyspeak: カリフォルニア州南部 San Fernando Valleyの10代の若者の間で、1982 年ころから用いられ始めた特有の用語・しゃべり方

・Numerous female celebrities have adopted vocal fry.「非常に多くの女性芸能人が、ボーカル・フライを取り入れるようになった」
・I'm not sure how fry got its name.「どうして名前に〝フライ”が使われたのかは定かではない」
・They speak with vocal fry「彼らはボーカル・フライを使って話す」
・We've noticed women using "vocal fry" for a while now, but it's recently been recognized that dudes are getting in on the action, too.「女性がボーカル・フライを使うようになって久しく感じるが、最近では男子までもがあの口調で話すようになってきた。

 

 

アナタにあわせる おしゃべり英会話ロボット チャーピー 2017年春 発売開始予定♪
アナタにあわせる おしゃべり英会話ロボット チャーピー 2017年春 発売開始予定♪

今年の十二支『酉』にちなんだ英語表現

鳥(bird)

bird-brain「あほ、能なし」
If you believe everything on social media, you have a bird brain.
「ソーシャルメディアで見たことのすべてを信じているのなら、キミはおつむが足りないね」

birdcage「鳥かご、留置所、鳥かごのような小さい場所」
I live in a birdcage.「私は鳥かごのような小さい家に住んでいるの」

free as a bird「鳥のように自由で」
I work 9:00-17:00 tomorrow but after that I'm free as a bird!
「明日は9時5時仕事が入っているけど、そのあとはなにも入っていないよ」

A little bird told me.「風のたよりに聞いた」


ニワトリ(chicken)

count your chicken before they hatch「捕らぬ狸の皮算用をする」


フクロウ(owl)

night owl「夜更かしする人」


ガン、ガチョウ(goose)

goose bumps「鳥肌」

This song always gives me goosebumps!
「この歌は聞くたび鳥肌が立ちます」


子ガモ、アヒルの子(duckling)

ugly ducklings「成長して美しくなる人」

She used to be an ugly duckling as a teenager but then she became prettier and turned into a model.
「彼女は10代の頃、あまりかわいくありませんでしたが、成長につれかわいくなり、ついにはモデルになりました。」


カモ、アヒル(duck)

lame duck「役に立たなくなった人」

I am NOT a lame-duck president.
「私はまだお役御免になった大統領ではない」