読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく学ぶを応援したい「CAIメディア」のスタッフブログ

「効果的な学習で覚える楽しさを伝えたい」を理念に掲げるCAIメディア社員による、真面目?不真面目ブログ

南の島での卒業式 2

f:id:caimedia-staff:20150113100446j:plain

「日本のお菓子は大人気☆」


☆「南の島での卒業式 1」はこちら


私が入学したときにあった大学院のコースは2つ。公務員向けのMPAとビジネス向けのMBAです。ずっと民間企業で働いてきたので、MBAを選びました。

Open Universityなので特に入試はありません。大学の卒業証明書や成績証明書、勤務していた会社で発行してもらった証明書など、必要な書類を準備して申し込めばOK。

 

必須科目11科目・選択科目3科目・修士論文に相当するProjectを終えれば、最短2年半で卒業です。

1セメスターは約5ヶ月。その間に各科目レポート2回と試験1回をこなします。チュートリアルは月1回なので、セメスター中、計5回しかありません。1回あたり2時間のレクチャー中に、チューターが重要事項の講義を行う場合もあれば、テキスト(CD-ROM)を読んだことを前提に課題レポートのポイントのみを話し合ったりと、スタイルはさまざま。

チューターたちは中華系・インド系・マレー系で、講義はすべて英語なのですが、それぞれの訛りには難儀しました。日本で働いていたころは、欧米に比べてインド英語はクセがあって大変!なんて思っていましたが、三者の中では一番聞き取りやすい!(でも、早口。笑)マレー系は発音にクセがあるし、中華系にいたってはイントネーションも独特で、パッと見(聞き?)英語を話しているとは思えないくらい。

クラスは大きいときでも20名程度。少ないと4、5人ほどで、仕事が多忙なのか欠席の多い男子にはノートを貸したりしていました。(ふつう外国人に借りる??笑)

ちなみにマレーシア人は人懐こくて、なにかと遠慮なく声をかけてきます。CD-ROMのテキストを印刷したものを貸してとか、席代わってとか。レポートの答え合わせしようと言われメアドを交換したら、相手は銀行員で投資信託の案内まで送られてきたり・・・商売はまずいでしょう!?笑

 

 ☆「南の島での卒業式 1」はこちら

 

にほんブログ村へ

アナタにあわせる おしゃべり英会話ロボット チャーピー 2017年春 発売開始予定♪
アナタにあわせる おしゃべり英会話ロボット チャーピー 2017年春 発売開始予定♪

今年の十二支『酉』にちなんだ英語表現

鳥(bird)

bird-brain「あほ、能なし」
If you believe everything on social media, you have a bird brain.
「ソーシャルメディアで見たことのすべてを信じているのなら、キミはおつむが足りないね」

birdcage「鳥かご、留置所、鳥かごのような小さい場所」
I live in a birdcage.「私は鳥かごのような小さい家に住んでいるの」

free as a bird「鳥のように自由で」
I work 9:00-17:00 tomorrow but after that I'm free as a bird!
「明日は9時5時仕事が入っているけど、そのあとはなにも入っていないよ」

A little bird told me.「風のたよりに聞いた」


ニワトリ(chicken)

count your chicken before they hatch「捕らぬ狸の皮算用をする」


フクロウ(owl)

night owl「夜更かしする人」


ガン、ガチョウ(goose)

goose bumps「鳥肌」

This song always gives me goosebumps!
「この歌は聞くたび鳥肌が立ちます」


子ガモ、アヒルの子(duckling)

ugly ducklings「成長して美しくなる人」

She used to be an ugly duckling as a teenager but then she became prettier and turned into a model.
「彼女は10代の頃、あまりかわいくありませんでしたが、成長につれかわいくなり、ついにはモデルになりました。」


カモ、アヒル(duck)

lame duck「役に立たなくなった人」

I am NOT a lame-duck president.
「私はまだお役御免になった大統領ではない」